注目キーワード
★健康への第一歩は、まず知ることから                           ★健康への第二歩は、意識することから                      ★健康への第三歩は、信憑性の低い情報に流されないこと
yanomi
AUTHOR

yanomi

管理栄養士の国家資格を所有。給食委託会社にて病院食の献立作成・発注・調理・調理補助の実務経験あり。

  • 2019年10月3日
  • 2020年2月15日
  • 1件

イチジク ~花が咲かない果物?カリウムが豊富。最古の記録は新石器時代までタイムスリップ~

イチジクの歴史 イチジクには古くからの歴史があり、我々人間にとっても深い関わりがあります。 「イチジク」という名前の由来とともに、その歴史を紐解いてみましょう。   ・「イチジク」の由来 「イチジク」という名前は、イチジクの実をつける様子に由来しています。 いくつか説がありますが、毎日1つずつ果実が熟すことから、またはひと月で果実が熟すことから「一熟」と呼ばれ、そこから「イチジク」になっ […]

  • 2019年10月1日
  • 2020年2月15日
  • 2件

舞茸 ~「食べると舞い踊るきのこ」?栄養豊富な魅惑の舞茸パワー~

  舞茸の歴史 ・「食べると舞い踊るきのこ」? 秋といえば、食欲の秋。秋の味覚といえば、きのこです。 きのこの中でも特徴的な形をしているのが、舞茸です。 舞茸はひらひらとした見た目が特徴で、独特の強い風味と香りがあります。   ところで「舞茸」という名前の由来をご存知でしょうか? 一説には、その姿が蝶が舞う姿に似ていることに由来しているといわれています。 しかし、「舞茸」の由来 […]

  • 2019年9月28日
  • 2020年2月15日
  • 1件

ビート ~例のケルト人も食べていた?毒々しいほど真っ赤なビートの正体とは…?~

ビートの歴史 ビートは地中海沿岸地域が原産の野菜で、ヨーロッパでは紀元2~3世紀頃から食用として栽培されていたそうです。 もともとは葉を食用としていたようですが、品種改良により根がカブのように大きく成長して根を食用とする品種が生まれました。これが、現在一般的に「ビート」と呼ばれている品種です。   ビートが日本に入ってきたのは江戸時代初期ではないかといわれています。 正確な時期はわかって […]

  • 2019年9月24日
  • 2020年2月15日
  • 4件

柿 ~甘い柿と渋い柿。さるかに合戦の柿の品種とは?柿の栄養・保存方法・旬・選び方を解説~

■柿の旬・栽培地 柿は日本の昔話にも登場するほど、日本では古くから馴染みのある果物です。 飛鳥時代の”庭に柿の木がある”といった記録が残っているところを見ると、日本人と柿とのつきあいは相当長い歴史となります。平安時代には既に干し柿がありました。 鮮やかなオレンジ色の果実が特徴で、秋、特に10~11月が旬といわれています。 日本では、本州から九州までの広い地域で栽培されています。 特に生産量が多いの […]