注目キーワード
★健康への第一歩は、まず知ることから                           ★健康への第二歩は、意識することから                      ★健康への第三歩は、信憑性の低い情報に流されないこと
CATEGORY

【果物類】栄養と効果と保存方法

果物カテゴリーです。果実はビタミン、ミネラル類が豊富です。それぞれの特徴と栄養価を知って、健康体をGET。

  • 2020年5月18日
  • 2020年5月28日
  • 0件

ぶどう~有機酸とポリフェノールの宝庫でもビタミンとミネラルは…白葡萄=マスカットは間違い、表面に付着している白い粉の正体は?~

■ぶどうの雑学・歴史 ブドウ科の植物で、コーカサス山脈が原産地です。(トルコとロシアの間) ぶどうは英語で:Grape(グレープ) 漢字で書くと:葡萄 葡萄を漢字で書ける日本人は何人いるのだろうか………。 ぶどうの歴史は古く、紀元前3000年の古代エジプト時代から栽培されていました。 現代でも世界で最多く栽培されており、地球人に一番愛されている果物です。(ワイン用にですが………) 日本に入ってきた […]

  • 2020年3月26日
  • 2020年4月24日
  • 1件

キウイフルーツ~ビタミンCはスッポン肉の69倍!果糖は何故太りやすい?舌や喉がピリッとするのはタンパク質分解されるから~

■キウイの雑学・キウイの歴史は結構浅いんです。 キウイは英語でそのまま:kiui マタタビ科の植物です。 南国フルーツのイメージが強いのですが、原産地は意外と中国だったりします。 中国名は:洋桃です。 キウイと聞いてニュージーランドを思い浮かべる人は多いかと思いますが、キウイの原産国は中国で、第二の故郷はニュージーランドになります。 1900年頃に、ニュージーランド人が中国からキウイの種を持ち帰り […]

  • 2020年2月23日
  • 2020年3月1日
  • 1件

バナナ~乳酸菌の餌になるオリゴ糖も入ってます。バナナは即席の燃料で、持続的な燃料にもなる健康食品。バナナの栄養素・効果・働き、保存方法~

■バナナの雑学バナナは草 バナナは英語でそのままBanana。 バショウ科の植物で東南アジア原産のフルーツです。 高さ数メートルの背の高い木のような植物に実を付けるのですが、バナナは樹木では無く、草に属しています。 バナナという呼び名はアフリカのコンゴ地方の言葉です。 消化吸収が速く、栄養源として病人食や離乳食に適した食品です。 スポーツ選手にとっては、即効性と持続性のあるエネルギー源にもなるバナ […]

  • 2019年11月27日
  • 2020年2月15日
  • 3件

りんご ~ふじとサンふじの違いは?ポリフェノール100種、クエン酸やカリウム、食物繊維も豊富な赤果実~

■りんごの豆知識 色々雑学 リンゴは英語でアッポー、またはナポーと呼びます。 わんなぽー。 バラ科の植物で、コーカサスが原産です。 コーカサス?何所?何県?関西? ※コーカスはグルジアとかロシアあたりの寒い山。 中国から伝わり古くから日本に存在していましたが、味が悪くあまり広まりませんでした。 明治初期にアメリカから入ってきた品種が普及しました。積極的に品種改良され、現在のような美味しいリンゴにな […]

  • 2019年10月3日
  • 2020年2月15日
  • 1件

イチジク ~花が咲かない果物?カリウムが豊富。最古の記録は新石器時代までタイムスリップ~

イチジクの歴史 イチジクには古くからの歴史があり、我々人間にとっても深い関わりがあります。 「イチジク」という名前の由来とともに、その歴史を紐解いてみましょう。   ・「イチジク」の由来 「イチジク」という名前は、イチジクの実をつける様子に由来しています。 いくつか説がありますが、毎日1つずつ果実が熟すことから、またはひと月で果実が熟すことから「一熟」と呼ばれ、そこから「イチジク」になっ […]

  • 2019年9月24日
  • 2020年2月15日
  • 4件

柿 ~甘い柿と渋い柿。さるかに合戦の柿の品種とは?柿の栄養・保存方法・旬・選び方を解説~

■柿の旬・栽培地 柿は日本の昔話にも登場するほど、日本では古くから馴染みのある果物です。 飛鳥時代の”庭に柿の木がある”といった記録が残っているところを見ると、日本人と柿とのつきあいは相当長い歴史となります。平安時代には既に干し柿がありました。 鮮やかなオレンジ色の果実が特徴で、秋、特に10~11月が旬といわれています。 日本では、本州から九州までの広い地域で栽培されています。 特に生産量が多いの […]