注目キーワード
★健康への第一歩は、まず知ることから                           ★健康への第二歩は、意識することから                      ★健康への第三歩は、信憑性の低い情報に流されないこと
CATEGORY

食品

  • 2020年3月20日
  • 2020年3月21日
  • 1件

鶏卵~アミノ酸評価は100点の完全栄養食品ですがコレステロールが心配、卵は一日何個まで?着色された卵は安全?最適な茹で時間~

■鶏卵、たまごの雑学 日本国内の1人辺りの卵消費量(2016)は331個で世界第2位となっています。 1位はメキシコの371個です。 アメリカは以外と低く、272個で、菜食主義(ビーガン)などの影響によるものではないかと推測します。 一般的に出回っている市販の物はほとんどが無精卵です。 市販の卵を温めてもヒヨコは生まれません。 鶏の飼育法によっては一部有精卵が出回る事があるようです。 殻の色は、茶 […]

  • 2020年3月6日
  • 2020年3月7日
  • 3件

白菜~鉄分が多く鉄分以外にも貧血改善作用あり、キムチ風浅漬けにご注意、白菜の保存方法・選び方・相性の良い食材~

■白菜の雑学・歴史 日本初上陸は意外と最近 白菜は冬が旬の淡色野菜です。 アブラナ科の多年草植物で、原産地は中国の華北から東北部です。 白菜の起源は、古代中国で、何処ぞの誰ぞがカブと漬菜(チンゲン菜?詳細不明)を交配させて生まれました。 当時の白菜は、現在の様に結球した状態ではなく、丸まっていない形をしていました。 現在のような、一目で白菜だとわかるくらい独特の形をしている結球した白菜が誕生したの […]

  • 2020年3月2日
  • 2件

カボチャ~ビタミン豊富な甘い緑黄色野菜、ズッキーニもカボチャ、種は天然のミネラルサプリ、保存方法・選び方・品種・調理方法~

■カボチャの雑学・歴史 ウリ科の植物、カボチャを漢字で書くと南瓜。英語で書くとPumpkin(パンプキン)、Sqash(スクワッシュ)になります。 大きく分けると日本カボチャ、西洋カボチャ、ペポカボチャの3種に分かれます。 西洋かぼちゃの原産地は南アメリカで、日本には明治時代に入ってきました。皮が濃い緑色で果肉は鮮やかなオレンジ色をしており、日本国内で一般的にカボチャと呼ばれているのはこの西洋かぼ […]

  • 2020年2月28日
  • 2020年5月18日
  • 2件

ほうれん草~貧血予防、結石の原因になるシュウ酸は大丈夫? ほうれん草の栄養・効果・保存方法・選び方・お勧め調理方~

■ほうれん草の雑学・歴史 アカザ科の多年草植物です。英語名:spinach(スピナッチ) 栄養素が多い野菜が集まったエリートとも言える緑黄色野菜の中でも、含まれる栄養素の量はトップクラスです。 ほうれん草はエリート中のエリート アジアのコーカサスからイランにかけて(←この情報を書いている本人もピンときていない)の地域が原産地だと言われています。 14世紀にムーア人がスペインに持ち込んで、そこからヨ […]

  • 2020年2月25日
  • 2020年5月13日
  • 2件

トマト~有毒成分その名はトマチン?分類は果物でも緑黄色野菜。ガンと老化を防ぐ抗酸化作用のリコピン!トマトの栄養・効果・保存方法・選び方・お勧め調理法~

■トマトの雑学・歴史トマトに含まれる有毒成分とは? トマトはナス科の一年草で、植物学的に見ると果実類に分類されますが、トマトをフルーツと認識している人は世界中を探してみましたが1人もいませんでした。(頑張って確かめました。) 嘘吐け。 気配でわかる。 英語ではそのままTOMATOです。和名では赤茄子(ナス)、唐柿(とうし)などと呼ばれていました。 人類とのつきあいは古く、原産地は南米のペール、アン […]

  • 2020年2月23日
  • 2020年3月1日
  • 1件

バナナ~乳酸菌の餌になるオリゴ糖も入ってます。バナナは即席の燃料で、持続的な燃料にもなる健康食品。バナナの栄養素・効果・働き、保存方法~

■バナナの雑学バナナは草 バナナは英語でそのままBanana。 バショウ科の植物で東南アジア原産のフルーツです。 高さ数メートルの背の高い木のような植物に実を付けるのですが、バナナは樹木では無く、草に属しています。 バナナという呼び名はアフリカのコンゴ地方の言葉です。 消化吸収が速く、栄養源として病人食や離乳食に適した食品です。 スポーツ選手にとっては、即効性と持続性のあるエネルギー源にもなるバナ […]

  • 2020年2月20日
  • 2020年2月28日
  • 3件

ジャガイモ~穀物に比べてカロリーは2割程度、ダイエット向き食材でビタミンCの宝庫ジャガイモの芽には毒ソラニンの危険性は?~

■ジャガイモの雑学・歴史 英名:ポテト ジャガイモはナス科の植物で、南米~中米のアンデスが原産地です。 15世紀コロンブスがアメリカ大陸から持ち帰ったものがヨーロッパで広まりました。 当時は花として、観賞用に栽培されていたため、食用では普及しませんでした。 ジャガイモが食用として広まったのは意外と遅く、18世紀の中期頃になります。当時のフランス国王でマリーアントワネットの夫でもあるルイ16世が、天 […]

  • 2020年2月18日
  • 2020年5月20日
  • 3件

大根~近年では野菜の栄養が減っている?究極の大根おろしの作り方、大根は消化酵素が詰まった第2の胃袋~

■大根の雑学・大根の歴史と 英名:ジャパニーズラディッシュ!………和名:大・根ッ!! コーサス(黒海とカスピ海にはさまれたとこ)からパレスチナ地方(中東)辺りが原産地だといわれています。 アブラナ科の一年草でインド→中国→朝鮮という流れで日本に伝わりました。 日本書紀や古事記にも記載があることから、少なくとも1300年前には日本でボリボリと食べられていたことが判ります。日本では古くから幅広い地域で […]

  • 2020年2月15日
  • 2020年9月20日
  • 1件

アスパラガス~緑と白は同じ品種、抗酸化作用が強く、動脈硬化やガン予防になり、おっしっこボルテージが高まる緑黄色野菜~

■アスパラガスの雑学・緑と白の違いは? はじめに………グリーンアスパラ、ホワイトアスパラとアスパラガスを代表する種類は2つありますが、この記事は栄養価の高いグリーンアスパラについての解説です。子供の頃ホワイトアスパラの缶詰が大嫌いだったという個人的な理由でホワイトアスパラには触れません………。 あの缶詰の白いヤツ、食感がブニブニして、見た目も味も嫌い………。ホワイトアスパラの美味しい缶詰無いのかな […]

  • 2020年2月13日
  • 2020年2月15日
  • 0件

タケノコ~日本を2分する大派閥の一つ、高タンパクで低糖質・低脂質で更に食物繊維が豊富なダイエット食品、アミノ酸で認知症予防にも~

■タケノコの雑学、歴史・京都府民共のタケノコ愛 和食と中華料理で広く使われる淡色野菜です。 パンダの餌にして、京都府民の餌。 消費量ナンバー1が京都です………どす。 一位は京都か………以外でもない。何となくわかる気がする。ちなみに京都府民がタケノコに費やす資金は愛知県民の倍! タケノコ生産地ランキングは福岡、鹿児島、熊本と九州勢に続続いて、消費量№1の京都が性懲りも無く4位にランクインしています。 […]

  • 2020年2月10日
  • 2020年2月15日
  • 0件

小豆~赤い魔物で赤いダイヤ。ミネラル多すぎ、大納言はサイズで決まる。小豆の栄養・効果、保存法、選び方~

■小豆の歴史とアレコレ食と健康には関係ない情報 食材記事ではお馴染みとなりました、まずは恒例の豆知識から………。 小豆だけにね………。 小豆と言えば赤飯と餡子と甘納豆………日本人には古くから親しまれてきた馴染み深い食材です。古事記(神話)にも米、麦、アワ、大豆と並ぶ五穀の一つとして登場します。 マメ科に属する一年草の植物で、見たまんま、お豆です。 中国の東北部が原産地だと言われています。 日本には […]

  • 2020年2月7日
  • 2020年5月17日
  • 2件

生姜~漢方として使われる淡色野菜、胃腸、保温、血行など効果は様々・生姜の栄養、効果、保存方法・マンガンはいらん~

■生姜とは・生姜の歴史と雑学………と無駄話 生姜の原産地は熱帯のアジアで、インドとも言われています。スパイスの国なら納得………。 生姜の歴史は古く、日本には稲作が伝わった頃(弥生時代)に渡来しました。 「生姜は百邪を防ぐ」古書にも記されており、漢方や生薬として、生姜の薬効は古くから知られていました。 医療用に用いられる漢方の7割以上に生姜が利用されている事実を見ると、如何に重宝されているかが解りま […]

  • 2020年2月4日
  • 2020年2月15日
  • 4件

ピーマンとパプリカ~中身空っぽのくせに栄養ギッシリ緑黄色野菜。色は栄養、緑はまだ子供で赤に変わると?ピーマンの効果・保存法・選び方~

■ピーマンとは・ピーマンの歴史と雑学 ◎ピーマンの歴史・ピーマン何者ぞ? ピーマンはナス目ナス化のトウガラシ属の植物です。意外と盲点ですが、ピーマンは唐辛子の仲間です。 英名:ベルペッパー、グリーンペッパー ベルは鐘、ペッパーは唐辛子 和名:甘唐辛子 英名でも和名でも唐辛子という単語を使います。これはピーマンが元々唐辛子で、品種改良されて出来た野菜だからです。唐辛子に含まれる辛味成分のカプサイシン […]

  • 2019年11月27日
  • 2020年2月15日
  • 4件

りんご ~ふじとサンふじの違いは?ポリフェノール100種、クエン酸やカリウム、食物繊維も豊富な赤果実~

■りんごの豆知識 色々雑学 リンゴは英語でアッポー、またはナポーと呼びます。 わんなぽー。 バラ科の植物で、コーカサスが原産です。 コーカサス?何所?何県?関西? ※コーカスはグルジアとかロシアあたりの寒い山。 中国から伝わり古くから日本に存在していましたが、味が悪くあまり広まりませんでした。 明治初期にアメリカから入ってきた品種が普及しました。積極的に品種改良され、現在のような美味しいリンゴにな […]

  • 2019年10月26日
  • 2020年8月13日
  • 2件

ブロッコリー ~ビタミンてんこ盛りで、高タンパクなダイエットフード、実はキャベツと先祖が同じ?~

「うちの子はブロッコリー大好きです」 ブロッコリーというと、ハンバーグやサラダなどに添えられた脇役的食材、もしくはダイエットなどの食事制限食材というイメージがありませんか。 私も以前はそう思っていました。子供を育てるまでは。 我が子は、離乳食で初めて食べた時から好きで、今でも好きです。どのくらい好きかというと、当時、緑色を見ると全て「ぼっこーり(ブロッコリー)」と言ってしまうくらい好きです。 そん […]