注目キーワード
★健康への第一歩は、まず知ることから                           ★健康への第二歩は、意識することから                      ★健康への第三歩は、信憑性の低い情報に流されないこと
CATEGORY

【葉野菜】栄養と効果と保存方法

葉っぱだらけの緑豊かなカテゴリー。

  • 2020年5月28日
  • 2020年5月28日
  • 0件

モロヘイヤ~五千年前のエジプトの王様が食べた王様の野菜、栄養価がアホみたいに高いヌルヌル食品~

■モロヘイヤの雑学・歴史  シナノキ科の植物で、原産地はエジプトです。 英語で書くと:Tossa jute、Moroheiya 別得名:とろろ菜・台湾つなそ 日本人と似つきあいは浅いためちょっと誤解されがちですが、人類とのつきあいはかなり古く、紀元前3000年前にはエジプトで食用となっていました。 水分の少ない砂漠地帯でも元気に育つ生命力の強い植物で、アフリカ北部~中近東辺りで広く食べられています […]

  • 2020年5月6日
  • 2020年5月6日
  • 0件

チンゲン菜~ビタミンもミネラルも豊富で優秀な緑黄色野菜で中国野菜、貧血対策、骨太効果、ガン予防、かなりの低カロリー食品~

■チンゲン菜の雑学・歴史 アブラナ科の植物です。 漢字で書くと:青梗菜 英語で書くと:Bok Choy 日本での歴史は浅く、1972年頃に中国から日本に入ってきました。 チンゲンという響きから察するにパンダと一人っ子政策の国だろうと予想はしていたけれど、正にその通りだった………。 世界的なルーツは、キャベツと同じくアブラナ科の植物に見られるように、紀元前600年頃、ヨーロッパで古代ケルト人の栽培し […]

  • 2020年2月28日
  • 2020年5月18日
  • 2件

ほうれん草~貧血予防、結石の原因になるシュウ酸は大丈夫? ほうれん草の栄養・効果・保存方法・選び方・お勧め調理方~

■ほうれん草の雑学・歴史 アカザ科の多年草植物です。英語名:spinach(スピナッチ) 栄養素が多い野菜が集まったエリートとも言える緑黄色野菜の中でも、含まれる栄養素の量はトップクラスです。 ほうれん草はエリート中のエリート アジアのコーカサスからイランにかけて(←この情報を書いている本人もピンときていない)の地域が原産地だと言われています。 14世紀にムーア人がスペインに持ち込んで、そこからヨ […]

  • 2019年10月26日
  • 2020年8月13日
  • 2件

ブロッコリー ~ビタミンてんこ盛りで、高タンパクなダイエットフード、実はキャベツと先祖が同じ?~

「うちの子はブロッコリー大好きです」 ブロッコリーというと、ハンバーグやサラダなどに添えられた脇役的食材、もしくはダイエットなどの食事制限食材というイメージがありませんか。 私も以前はそう思っていました。子供を育てるまでは。 我が子は、離乳食で初めて食べた時から好きで、今でも好きです。どのくらい好きかというと、当時、緑色を見ると全て「ぼっこーり(ブロッコリー)」と言ってしまうくらい好きです。 そん […]

  • 2019年10月4日
  • 2020年2月15日
  • 3件

ネギ ~ネギは緑黄色野菜なの?違うの?ノビルはネギなの?違うの?臭み成分アリシンの効果は?~

■ネギのはじまり物語 ねぎはユリ科です。漢字で葱、カタカナでネギ。 ネギは古くから日本人と共にありました。 奈良時代、チャイナっぽい感じの所から持ってこられて日本に伝わったジャパニーズ=リーサルウェポン。それがネギです。 ネギは古事記、日本書紀に登場します。ネギは昔から、常に日本人の隣に置いてありました。 江戸時代の関西人が「関東人は田舎者だから、白い根の部分まで食べる」。 逆に関東人は「関西人は […]

  • 2019年9月11日
  • 2020年5月3日
  • 11件

キャベツ ~青虫まっしぐら。古代ケルト人とキャベツとの意外な関係とは………?~

ライター:みなぎ鬼夜兵衛 ■キャベツはじまりの物語 紀元前600年頃、ヨーロッパで古代ケルト人の栽培していたケールがキャベツの原種と言われています。 古代ケルト人とは………一体………誰なのか………? それは調べていないので全くわかりませ~ん。 恐らくヨーロッパに昔いたケルトな感じの人達でしょう………。 こればかりは全く興味を持てなかったので調べておらず、謎は一層深まるばかりです??? キャベツが日 […]