注目キーワード
★健康への第一歩は、まず知ることから                           ★健康への第二歩は、意識することから                      ★健康への第三歩は、信憑性の低い情報に流されないこと
CATEGORY

みなぎる栄養素データ

「栄養素ビタミン」「栄養素ミネラル」「栄養素たんぱく質」「栄養素炭水化物」「栄養素脂質」のカテゴリをまとめる親カテゴリです。13種のビタミン、16種の必須ミネラル、脂肪酸、糖質、タンパク質など5大栄養素各種の性質や特徴を解説しています。

  • 2020年2月1日
  • 0件

脂質と脂肪酸その4~トランス脂肪酸の健康被害は?1日の摂取目標値は2g未満トランス脂肪酸を多く含む食品は?~

■飽和脂肪酸と不飽和志望餡とトランス脂肪酸 脂質と脂肪酸その1では飽和脂肪酸、その2では不飽和脂肪酸を、その3ではコレステロールを解説してきましたが、その記事の中ではこの様な主張をしてきました。 世間のイメージでは不飽和脂肪酸が良い脂肪酸で、逆に飽和脂肪酸が悪い脂肪酸だという説が定着しています。コレステロールの場合は、LDLが悪玉として有害であり、HLDが善玉として有効に働くというイメージが定着し […]

  • 2020年1月25日
  • 2020年1月25日
  • 1件

脂質と脂肪酸その3 ~コレステロールとは?LDL(悪玉)HDL(善玉)って何?コレステロールを下げる食事法~

■コレステロールとは 飽和脂肪酸をテーマにした脂質と脂肪酸その1、不飽和脂肪酸(オメガ3、6、9)をテーマにした脂質と脂肪酸その2………に続く、脂質と脂肪酸その3です。今回も油的要素満載です。こってりヌルヌル劇場のはじまりはじまり。 今回はコレステロールについての解説です。過度に貶してみたり、逆に褒めちぎってみたり、偏った情報を掲載するのでは無く、コレステロールの善し悪しを公平な視線でジャッジする […]

  • 2020年1月19日
  • 1件

脂質と脂肪酸その2 ~不飽和脂肪酸とは?オメガ3、n-6系、オメガ9?脂肪酸に善いも悪いも無い!大事なのはバランスです~

■飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違い あーメンドクサッ!脂肪酸の説明メンドクサッ!種類多い、カテゴリも多い、種類の違いが化学的な構造の違いでしか説明できないので説明メンドクサッ! ………といきなり愚痴から始まりましたが、魂の叫びなので大目に見てやって下さい。脂質と脂肪酸シリーズ第2弾です。このシリーズは、脂肪酸の性質や、善いところ悪いところをしっかり把握することで「健康体へまた一歩近づこうぜ」という押 […]

  • 2020年1月9日
  • 2020年1月19日
  • 2件

脂質と脂肪酸その1~飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いとは?そもそも脂肪酸って何?飽和脂肪酸をヌルッと解説~

■脂質と脂肪とは?上下関係は?どっちが偉い?どっちが大きなカテゴリ? この記事は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸を比較してどっちが良いのか、どっちが悪いのかを上から目線で公平にジャッジしてやろうという試み………だったのですが、飽和も不飽和も情報が多すぎて1つの記事には収まりきらず、今回は飽和脂肪酸寄りの記事なってしまいました。飽和、不飽和、を若干比較しつつ、コレステロールを含む不飽和脂肪酸の解説は別の記 […]

  • 2019年12月31日
  • 1件

硫黄(イオウ) ~硫黄化合物、含硫アミノ酸として色々働きます。”卵の腐ったような臭い”って何だよ!~

■イオウとは? イオウは16種の必須ミネラルの内の1つで、多量ミネラルに属している栄養素です。 元素記号:S よく「イオウ臭い、イオウ臭い」と言われていますが、イオウ自体は無臭なため本当は臭くはありません。温泉街のあの臭いの原因となるのは、イオウと水素が結合した硫化水素のせいです。確かにイオウは何やかんやあって、容疑者となっていますが、無罪判決を勝ち取っているため「イオウ臭い」というのは完全な濡れ […]

  • 2019年12月28日
  • 1件

塩素 ~胃液の成分、水道水にも入っています。塩分摂りすぎにご注意~

■塩素とは? 塩素は、16種類の必須ミネラルの一つで、多量ミネラルに属する栄養素です。 元素記号:Cl ぶっちゃけ、意識して摂る必要が無い栄養素です。でも大事な栄養素です。 塩素は、強い殺菌力と、漂白作用を持つ物質で、塩素と聞いてまず一番先に思い浮かぶのがプールの消毒液としての役割になるかと思います。プールだけでは無く水道水の消毒剤としても使用されています。 他に身近な物としては、なんちゃらハイタ […]

  • 2019年12月24日
  • 0件

コバルト ~ビタミンB12の構成成分なので、ぶっちゃけビタミンB12でOK、お肉食べると良いですよ~

■コバルトとは? コバルトは、1935年にビタミンB12の構成成分として発見された栄養素です。 16種の必須ミネラルで、微量ミネラルに属しています。 元素記号:Co やれ元素記号だとか、ほれ化学名だとか書いていると、本当に栄養素の解説しているのか疑わしくなる時があります。これから栄養素の解説をしようと考えている人に一言だけアドバイス………「自分を見失うな!」 現在コバルトの働きとして判明しているこ […]

  • 2019年12月22日
  • 1件

ヨウ素 ~海の栄養素です。海藻にわんさか入っています。ヨウ素と関連性の高い甲状腺とは?~

■ヨウ素とは? 16種ある必須ミネラルの内の1つで、微量ミネラルに属しています。 元素記号:I(大文字のアイ)で、ヨードとも呼ばれます。 成人の体内では約10mg~20mg含まれています。 自然界では海水中に多く含まれています。セレンやクロムが土壌に多く含まれている大地の栄養素なら、ヨウ素の場合は海の栄養素と言えます。 ヨウ素液とか言うし、消毒液としても使うし、どちらかと言えば海属性。(液体という […]

  • 2019年12月19日
  • 0件

モリブデン ~レアメタルです。老廃物の処理業者、解毒も請け負います、ガン予防も?~

■モリブデンとは? 元素記号:Mo モリブデン………しりとり界のデストロイヤー(破壊神)として恐れられた栄養素です。 今まで世界中に散らばる数多くのシリゲッチャー達を闇(オホーツク海)に沈め、震え上がらせてきたモリブデンですが………、 ちょっと待て、シリゲッチャーってなんだ? しりとりのエキスパート、プロのしりとりプレーヤー(無職)の総称。 しりとりにプロがあるのか? 知らーん。多分無い。Wiki […]

  • 2019年12月15日
  • 2019年12月15日
  • 1件

クロム ~糖質と脂質の代謝に働くミネラル。血糖値コレステロール値を正常にして糖尿病・肥満予防~

■クロムとは クロムとは16種の必須ミネラルの一種で、微量ミネラルに属する栄養素です。 結論から申し上げますと、クロムは意識しないでも自然に摂取されるような栄養素です。欠乏症も過剰症も特に心配は無く、大事な働きをする栄養素なのですが、体内での必要量も低く「栄養素を積極的に摂取しましょう」という文句はクロムには当てはまりません。 この記事はクロムの視線から糖質や脂質の代謝についてを解説しています。 […]

  • 2019年12月10日
  • 0件

セレン ~名前の由来は月の女神/強い抗酸化作用でガン予防と動脈硬化予防、生殖機能維持に解毒作用も~

■セレンとは? セレンとは………16種類の必須ミネラルの内、微量ミネラルに属する栄養素です。コイツは金属なのか、非金属なのか気になって調べましたが、金属と書かれていたり、非金属と書かれている場合もあり、「結局どっちだよッ!キシャーッ!」と………途中でブチ切れて調べるの止めました。 シャーーーーッ!! 別名:セレニウム、元素記号:Se セレンの語源はギリシャ神話の月の女神セレネから来ています。 ミネ […]

  • 2019年12月5日
  • 0件

マンガン ~金属です。エネルギー作ります。骨と間接丈夫にします。マンガンを漢字で書くと………~

■マンガンとは………? マンガンは16種存在する必須ミネラルの一種で、元素記号はMn、銀白色の金属です。漢字で書くと満・俺! 満ちる俺と書いてマンガン………常人では絶対読めないぞコレ。俺が満ちるとどうなるんだろう? 栄養素として………というよりも、電池や、理科の実験などの工業分野のイメージが強い物質です。 ■マンガンの働きと役割 ◎マンガンの働きと役割その1 骨や関節を形成して丈夫にします。 骨の […]

  • 2019年10月18日
  • 2020年1月20日
  • 3件

銅 ~鉄だけじゃダメ、貧血予防に必要なミネラル。ヘモグロビン作っています。コラーゲン作ります。青い血も作ります。~

■銅ってなに? 16種の必須ミネラルであり、微量ミネラルに属しています。 同じく必須ミネラルの鉄分の影に隠れがちですが、鉄分をアレコレサポートして貧血改善には不可欠なミネラルです。 ■銅の働きと役割 ◎銅の働きと役割その1 酵素の構成成分として、エネルギーの代謝や、色々な体の組織を作ります。 銅は、糖質・脂質の代謝に働く酵素の構成成分としてエネルギーの生産に役立っています。 銅の役割は他にもありま […]

  • 2019年10月12日
  • 2019年10月12日
  • 1件

亜鉛 ~5円玉の材料で栄養素です。味覚だけじゃ無い、細胞も、ホルモンも作るし、傷も治すし、色々働くミラクルミネラル~

■亜鉛とは 16種の必須ミネラルで、微量ミネラルに属しています。 色々と手広く体内事業を営んでおり、様々な代謝に関わっています。 成人の体内では2g程存在しています。 血液や皮膚に多く、骨、筋肉、腎臓、肝臓、脳、細胞内にも含まれています。 体外では五円玉の中で暮らしています。10円玉と500円玉にも少し潜んでいます。お察しの通り亜鉛は金属です。 動物性の食品に多く含まれています。 ■亜鉛の働きと役 […]

  • 2019年10月9日
  • 6件

カリウム ~金属です。ナトリウムの相棒で、細胞のメンテナンスが主な仕事、塩分摂りすぎによる高血圧を予防~

■カリウムとは カリウムの語源はアラビア語で灰を意味する言葉です。カリウムが植物の灰に多く含まれることから付いた名前です。 英名はポタシウムです。ポット+灰でここでも木を燃やした灰が語源となっています。 名前の通り、植物に必要な栄養素で、肥料としても幅広く活用されています。 カリウムは灰ではなく、金属です。 体内に含まれるカリウムの量は体重の0.2%程です。その内98%が細胞内(細胞内液の中)に居 […]