注目キーワード
★健康への第一歩は、まず知ることから                           ★健康への第二歩は、意識することから                      ★健康への第三歩は、信憑性の低い情報に流されないこと

みなぎる記事一覧

  • 2020年2月28日
  • 0件

ほうれん草~貧血予防、結石の原因になるシュウ酸は大丈夫? ほうれん草の栄養・効果・保存方法・選び方・お勧め調理方~

■ほうれん草の雑学・歴史 アカザ科の多年草植物です。英語名:spinach(スピナッチ) 栄養素が多い野菜が集まったエリートとも言える緑黄色野菜の中でも、含まれる栄養素の量はトップクラスです。 ほうれん草はエリート中のエリート アジアのコーカサスからイランにかけて(←この情報を書いている本人もピンときていない)の地域が原産地だと言われています。 14世紀にムーア人がスペインに持ち込んで、そこからヨ […]

  • 2020年2月25日
  • 2020年2月25日
  • 0件

トマト~有毒成分その名はトマチン?分類は果物でも緑黄色野菜。ガンと老化を防ぐ抗酸化作用のリコピン!トマトの栄養・効果・保存方法・選び方・お勧め調理法~

■トマトの雑学・歴史トマトに含まれる有毒成分とは? トマトはナス科の一年草で、植物学的に見ると果実類に分類されますが、トマトをフルーツと認識している人は世界中を探してみましたが1人もいませんでした。(頑張って確かめました。) 嘘吐け。 気配でわかる。 英語ではそのままTOMATOです。和名では赤茄子(ナス)、唐柿(とうし)などと呼ばれていました。 人類とのつきあいは古く、原産地は南米のペール、アン […]

  • 2020年2月24日
  • 0件

ドライフルーツの作り方・暗黒バナナ編~準備と初日36本のバナナ達、芸術とはなんぞや?自然乾燥観察日記~

■みなぎる食品実験・室夏休みの宿題 ~編乾燥バナナ観察日記~ みなぎる食品実験室夏休みの宿題編 ドライフルーツの作り方・暗黒バナナ編 これは何の記事かといいますと、簡単に説明するならばバナナを自然乾燥させてドライフルーツを作ろう的な試みです。 まず、みなぎる食品実験室とは………? 当サイトみなぎる食品は食品会社の設立を目指しています。(今は未だ起業の時ではない、法人県民税と法人市民税がもったいない […]

  • 2020年2月23日
  • 0件

バナナ~乳酸菌の餌になるオリゴ糖が豊富、バナナは即席の燃料で、持続的な燃料にもなる健康食品。バナナの栄養素・効果・働き、保存方法~

■バナナの雑学バナナは草 バナナは英語でそのままBanana。 バショウ科の植物で東南アジア原産のフルーツです。 高さ数メートルの背の高い木のような植物に実を付けるのですが、バナナは樹木では無く、草に属しています。 バナナという呼び名はアフリカのコンゴ地方の言葉です。 消化吸収が速く、栄養源として病人食や離乳食に適した食品です。 スポーツ選手にとっては、即効性と持続性のあるエネルギー源にもなるバナ […]

  • 2020年2月22日
  • 0件

サイト運営の記録 キャベツメモリー 第6回油まみれの一ヶ月、心の頭もぬるぬる月間

■サイト立ち上げから5ヶ月経過………。 血湧き肉躍る。あとキャベツも踊る。食と健康の無料WEBマガジン『みなぎる食品』のライター兼、落書きマイスター兼、運営者のみなぎ鬼夜兵衛です。サイトのイメージカラーは緑です。(←これ言ったかどうか忘れたのでここで呟いておきます。) みなぎる食品のサイトを立ち上げて、5ヶ月が経過しました。 愚痴を書いたりWEBサイトの運営事情を暴露するキャベツメモリーも6回目と […]

  • 2020年2月20日
  • 2020年2月28日
  • 1件

ジャガイモ~穀物に比べてカロリーは2割程度、ダイエット向き食材でビタミンCの宝庫ジャガイモの芽には毒ソラニンの危険性は?~

■ジャガイモの雑学・歴史 英名:ポテト ジャガイモはナス科の植物で、南米~中米のアンデスが原産地です。 15世紀コロンブスがアメリカ大陸から持ち帰ったものがヨーロッパで広まりました。 当時は花として、観賞用に栽培されていたため、食用では普及しませんでした。 ジャガイモが食用として広まったのは意外と遅く、18世紀の中期頃になります。当時のフランス国王でマリーアントワネットの夫でもあるルイ16世が、天 […]

  • 2020年2月18日
  • 0件

大根~近年では野菜の栄養が減っている?究極の大根おろしの作り方、大根は消化酵素が詰まった第2の胃袋~

■大根の雑学・大根の歴史と 英名:ジャパニーズラディッシュ!………和名:大・根ッ!! コーサス(黒海とカスピ海にはさまれたとこ)からパレスチナ地方(中東)辺りが原産地だといわれています。 アブラナ科の一年草でインド→中国→朝鮮という流れで日本に伝わりました。 日本書紀や古事記にも記載があることから、少なくとも1300年前には日本でボリボリと食べられていたことが判ります。日本では古くから幅広い地域で […]

  • 2020年2月15日
  • 0件

アスパラガス~緑と白は同じ品種、抗酸化作用が強く、動脈硬化やガン予防になり、おっしっこボルケージが高まる緑黄色野菜~

■アスパラガスの雑学・緑と白の違いは? はじめに………グリーンアスパラ、ホワイトアスパラとアスパラガスを代表する種類は2つありますが、この記事は栄養価の高いグリーンアスパラについての解説です。子供の頃ホワイトアスパラの缶詰が大嫌いだったという個人的な理由でホワイトアスパラには触れません………。 あの缶詰の白いヤツ、食感がブニブニして、見た目も味も嫌い………。ホワイトアスパラの美味しい缶詰無いのかな […]

  • 2020年2月13日
  • 2020年2月15日
  • 0件

タケノコ~日本を2分する大派閥の一つ、高タンパクで低糖質・低脂質で更に食物繊維が豊富なダイエット食品、アミノ酸で認知症予防にも~

■タケノコの雑学、歴史・京都府民共のタケノコ愛 和食と中華料理で広く使われる淡色野菜です。 パンダの餌にして、京都府民の餌。 消費量ナンバー1が京都です………どす。 一位は京都か………以外でもない。何となくわかる気がする。ちなみに京都府民がタケノコに費やす資金は愛知県民の倍! タケノコ生産地ランキングは福岡、鹿児島、熊本と九州勢に続続いて、消費量№1の京都が性懲りも無く4位にランクインしています。 […]

  • 2020年2月10日
  • 2020年2月15日
  • 0件

小豆~赤い魔物で赤いダイヤ。ミネラル多すぎ、大納言はサイズで決まる。小豆の栄養・効果、保存法、選び方~

■小豆の歴史とアレコレ食と健康には関係ない情報 食材記事ではお馴染みとなりました、まずは恒例の豆知識から………。 小豆だけにね………。 小豆と言えば赤飯と餡子と甘納豆………日本人には古くから親しまれてきた馴染み深い食材です。古事記(神話)にも米、麦、アワ、大豆と並ぶ五穀の一つとして登場します。 マメ科に属する一年草の植物で、見たまんま、お豆です。 中国の東北部が原産地だと言われています。 日本には […]

  • 2020年2月7日
  • 2020年2月15日
  • 1件

生姜~漢方として使われる淡色野菜、胃腸、保温、血行など効果は様々・生姜の栄養、効果、保存方法・マンガンはいらん~

■生姜とは・生姜の歴史と雑学………と無駄話 生姜の原産地は熱帯のアジアで、インドとも言われています。スパイスの国なら納得………。 生姜の歴史は古く、日本には稲作が伝わった頃(弥生時代)に渡来しました。 「生姜は百邪を防ぐ」古書にも記されており、漢方や生薬として、生姜の薬効は古くから知られていました。 医療用に用いられる漢方の7割以上に生姜が利用されている事実を見ると、如何に重宝されているかが解りま […]

  • 2020年2月4日
  • 2020年2月15日
  • 2件

ピーマンとパプリカ~中身空っぽのくせに栄養ギッシリ緑黄色野菜。色は栄養、緑はまだ子供で赤に変わると?ピーマンの効果・保存法・選び方~

■ピーマンとは・ピーマンの歴史と雑学 ◎ピーマンの歴史・ピーマン何者ぞ? ピーマンはナス目ナス化のトウガラシ属の植物です。意外と盲点ですが、ピーマンは唐辛子の仲間です。 英名:ベルペッパー、グリーンペッパー ベルは鐘、ペッパーは唐辛子 和名:甘唐辛子 英名でも和名でも唐辛子という単語を使います。これはピーマンが元々唐辛子で、品種改良されて出来た野菜だからです。唐辛子に含まれる辛味成分のカプサイシン […]

  • 2020年2月1日
  • 0件

脂質と脂肪酸その4~トランス脂肪酸の健康被害は?1日の摂取目標値は2g未満トランス脂肪酸を多く含む食品は?~

■飽和脂肪酸と不飽和志望餡とトランス脂肪酸 脂質と脂肪酸その1では飽和脂肪酸、その2では不飽和脂肪酸を、その3ではコレステロールを解説してきましたが、その記事の中ではこの様な主張をしてきました。 世間のイメージでは不飽和脂肪酸が良い脂肪酸で、逆に飽和脂肪酸が悪い脂肪酸だという説が定着しています。コレステロールの場合は、LDLが悪玉として有害であり、HLDが善玉として有効に働くというイメージが定着し […]

  • 2020年1月25日
  • 2020年1月25日
  • 4件

脂質と脂肪酸その3 ~コレステロールとは?LDL(悪玉)HDL(善玉)って何?コレステロールを下げる食事法~

■コレステロールとは 飽和脂肪酸をテーマにした脂質と脂肪酸その1、不飽和脂肪酸(オメガ3、6、9)をテーマにした脂質と脂肪酸その2………に続く、脂質と脂肪酸その3です。今回も油的要素満載です。こってりヌルヌル劇場のはじまりはじまり。 今回はコレステロールについての解説です。過度に貶してみたり、逆に褒めちぎってみたり、偏った情報を掲載するのでは無く、コレステロールの善し悪しを公平な視線でジャッジする […]

  • 2020年1月19日
  • 2件

脂質と脂肪酸その2 ~不飽和脂肪酸とは?オメガ3、n-6系、オメガ9?脂肪酸に善いも悪いも無い!大事なのはバランスです~

■飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違い あーメンドクサッ!脂肪酸の説明メンドクサッ!種類多い、カテゴリも多い、種類の違いが化学的な構造の違いでしか説明できないので説明メンドクサッ! ………といきなり愚痴から始まりましたが、魂の叫びなので大目に見てやって下さい。脂質と脂肪酸シリーズ第2弾です。このシリーズは、脂肪酸の性質や、善いところ悪いところをしっかり把握することで「健康体へまた一歩近づこうぜ」という押 […]