注目キーワード
★健康への第一歩は、まず知ることから                           ★健康への第二歩は、意識することから                      ★健康への第三歩は、信憑性の低い情報に流されないこと
アルファベットEのイラスト

ビタミンE 体のサビ止めスプレー、アダルト栄養素。がんを予防するEパワー。

ライター:みなぎ鬼夜兵衛

アルファベットEのイラスト

■ビタミンEの働きと役割

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、酸化抑制により細胞の老化を防ぐ働きがあります。

細胞の組織の中では最も””的な存在であり、細胞の””的な役割を持っていることで知られている”細胞膜”には、不飽和脂肪酸が多く含まれており………っていきなり何の話が始まるんだ?と思われるかも知れませんが、ビタミンEのお話です。

この不飽和脂肪酸は、酸化しやすい性質が有り、不飽和脂肪酸が酸化すると、悪の心に目覚めて過酸化脂質という悪の秘密結社さながらの悪党に変身してしまいます。
悪の過酸化脂質は、細胞を破壊したり、正常な細胞をがん細胞に変えたりと、細胞業界で悪事の限りを尽くします。

そんな困った状況になる前にビタミンEが出動してアレコレ頑張って不飽和脂肪酸が酸化して悪の過酸化脂質変わるのを防ぎます
事が起こった後の暴徒鎮圧というより、起こる前に防ぐ治安維持のエキスパート的な役割を持つ頼もしい栄養素です。

その他にも、善玉コレステロールの増加を促し悪玉コレステロールの酸化を抑制し、動脈硬化の予防に繋がる働きもします。

これで終わりという訳では無く、ビタミンEはまだまだ頑張ります。
毛細血管を拡張させて、血流の循環を良くする事で、血行障害が原因の冷え性や肩凝り頭痛の改善にも貢献してくれます。
また、ビタミンE睾丸や子宮にも蓄えられており、性ホルモンの分泌生成にも関わっており、生殖機能の健康を維持する働きもあります。

 

ライター1の画像
ビタミンEは大人(アダルティック)な一面を持つ栄養素。

ビタミンEの主な働き:がん予防、動脈硬化予防、生殖機能健康維持、血流の改善(肩凝り、冷え性予防)

■ビタミンEの性質

脂溶性で、調理中の水洗いで損失する心配はありませんが光に弱いため、保管には注意が必要です。強い抗酸化作用を持つビタミンEですが、ビタミンE自信は酸化されやすい性質があります。酸化してしまうとビタミンEの代名詞でもある抗酸化作用が失われてしまうため、食品は空気に触れないように保存してください。

ライター1の画像
光に弱い………即ち夜の栄養素。アダルティックビタミン。

■ビタミンEの摂りすぎ、逆に不足するとどうなる?

◎ビタミンEの過剰症

ビタミンEは過剰症の起こりにくい栄養素ですが、サプリメントの過剰摂取で上限量を超えた場合は、出血、筋力低下、下痢、肝機能障害などを起こします。

◎ビタミンEの欠乏症

ビタミンEが不足する事で、抗酸化作用が働かなくなり、赤血球の細胞膜が酸化する事で破壊され、容血性貧血を起こします。
女性の場合は不妊や流産のリスクが高まります。
また、悪玉コレステロールの酸化により動脈硬化のリスクも高まります。

■ビタミンEの効率の良い摂り方

植物油、ナッツ系に多く含まれていますが、魚や野菜からでも摂取できます。脂溶性のため油と一緒に摂取すると吸収率がアップします。
ビタミンAやビタミンB2にも抗酸化作用があるため、合わせて摂取すると効果的です。
酸化防止機能搭載のビタミンEですが、ビタミンE自信が酸化しやすい性質が有り、酸化してしまうと酸化防止機能を失ってしまいます。
また、光に弱いため、食材は空気に触れないようにして、冷暗所に保管して下さい。

◎ここがポイント

ビタミンCと一緒に摂取する事でビタミンEが正義の力に目覚めます。
その結果、酸化防止パワーが高まります。
ビタミンEの抗酸化作用は体外でも機能するため、酸化防止剤としてビタミンCと並んで加工食品に広く使用されています。ビタミンEはスナック菓子などに使用され、ビタミンCは主に飲料やハム、パン、漬け物などに使用されています。

■ビタミンEを多く含む食品

落花生、アーモンド、ウナギ、モロヘイヤ、カボチャ、しそ、唐辛子

アルファベットEのイラスト
最新情報をチェックしよう!